ヘアカラーでアラフィフが避けたい色は?

明るすぎるブラウンは要注意

カラーリングでアッシュカラーがトレンドとなる前は、オレンジ系のブラウンやミルクティーブラウンといった明るめのブラウンが人気を博していました。
その頃に入れた髪色を、そのまま無意識に継続していませんか。
明るいブラウン系の髪は、艶のない状態になると、パサついている感じが強調されてしまい、同じ状態でも黒髪よりも老け見えしてしまいます。
歳を重ねることで髪質も変わり、顔の印象も異なっているため、髪の色とのミスマッチも出やすくなっています。
明るめの茶色がお気に入りなら、ヘアケアをより入念にし、ツヤ感のある髪を維持していく必要があることでしょう。
同じブラウン系でも、明るさを少し下げた色味にしたり、ハイライトやローライトなどを取り入れてみるとおしゃれな白髪染めができます。

不釣り合いなインナーカラー

インナーカラーとは、外側の髪の色は変えず、内側だけ髪色を変えるカラーリングのこと。
入れる色や範囲で印象が変わるので、いろんな楽しみ方ができて人気があります。
アラフィフの方でも、取り入れている方がいらっしゃいますが、挑戦的な色を入れたいと思われる場合は、ご自身の普段の服装やメイクについて確認してみてください。
普段の服装がシンプル、あるいはトラディショナルなのに、インナーの色がド派手、となっては、「痛い」印象を持たれます。
また、色合いがそんなに派手でなくても、染める範囲が広すぎると、派手な印象に見えることも。
特に、乾燥しやすいアラフィフの場合、ヘアケアが十分でないと、毛先がパサついて、不潔な感じやヤンキー色が強くなってしまいます。
チャレンジする際は、髪を下した時、結んだときにどれくらい見えるものなのかも確認してから行うようにしましょう。