白髪に色を入れる方法

年齢が高くなると、避けては通れないのが「老化」。
特に顕著に表れるのがお顔やその周りのたるみやシワ。
それ以外にも見た目で「老い」を感じさせてしまうのが、髪の毛の状態です。
ボリュームが無くなってペタンとしてしまう、あるいは、うねった毛髪が増え、まとめ髪もの中からアホ毛がとびでたり、予想以上に広がってしまったり…。
また、こめかみや生え際などにちらちらとのぞく白髪も、一気に老けた印象を与えてしまいます。
髪や頭皮のコンディションが悪くなり、やつれた印象を与えてしまう、そんな「やつれ髪」や「白髪」の悩みから脱出する方法の一つがヘアカラーの活用です。
ヘアカラーといっても、20代や30代のころの「おしゃれ染め」を目的としたものではなく、白髪隠しが目的となります。
白髪を隠したいあまりに黒味の強いカラーを選ぶと、顔が浮いてしまい、かえって老けて見えてしまうことも。
ですが、明るすぎる茶色では若づくり感が強く、これも違和感を感じさせやすくなります。
また水分量も不足し、パサつきやすいアラフィフの髪は、明るさや色味の選び方を間違うと、かえって老け感を感じさせるもの。
ヘアカラーも種類が豊富になり、毎年トレンドも変化します。
白髪を隠しながら、おしゃれに楽しみたいという方は、トレンドを上手に取り入れたるのがオススメ。
こちらでは髪に色を入れたいと思った時に、好ましいヘアカラーと、避けた方がよいヘアカラーについてまとめました。

アラフィフやつれた髪を元気にする方法

年齢が上がると、どうしても白髪が気になり始めます。 2~3本だったら抜いてしまっても…と安直に考えてしまいがちですが、その行為は頭皮を傷つけてしまう原因になることも。 抜いた白髪の後に生えてくる毛髪にも支障が出てしまいます。 色素が無くなった毛髪に色を付ける方法が一番手っ取り早い対策でしょう。

老け見えしない髪色とは

白髪が増えても、カラーリング剤を使うことで目立たなくすることができます。 ですが、その色選びを間違えてしまうと、逆に老けて見えてしまったり、顔が浮いてしまうような印象を与えてしまうようなことも。 失敗しないように色を選ぶときのポイントをご紹介します。

ヘアカラーでアラフィフが避けたい色は?

白髪を目立たなくしたい時に便利なヘアカラーですが、トレンドを気にしすぎて、ミスマッチな色味を選んでしまうと残念な結果になってしまうことも。 「若見え」を目指したはずなのに、かえって「老け見え」になってしまうこともあります。 ここでは避けて置いた方が無難なカラーについて見ていきます。